何度でも観たくなる!100回は観たい香港映画の鬼才 王家衛(ウォンカーウァイ)監督作品5選

f:id:kandinskyt:20181007063110j:image

 今回は、私が愛してやまないウォンカ―ウァイ監督の作品を紹介します。

恋する惑星

f:id:kandinskyt:20180801111318j:image

こちらは、私の大好きな映画のひとつ、"恋する惑星"です。

90年代を代表する映画です。

これは何度観たか忘れたくらい観てます。20回以上は観てますね(笑)。

ホント最高の映画です。

ウォン・カーウァイ監督の名を一躍有名にした作品で、色使いからアングルまで全てが斬新なんですよね。

2つのラブストーリーが繰り広げられる作品で、とにかくオシャレでスタイリッシュです。

とくに後半部が。

これ観て香港行きたくなった人多いと聞きます。

実際私もそうなんですが、、。

何というか独特の雰囲気を醸し出す映画ですね。

 

天使の涙

こちらの作品も『恋する惑星』と同様、独特の雰囲気を醸し出す映画です。

ストーリーよりも雰囲気を楽しむ作品です。

切なくて美しいんですよね。

特にラストは素晴らしい。

ラストで流れるThe Flying PicketsのOnly You。

この曲聴くと『天使の涙』を思い出すぐらいです。

花様年華

f:id:kandinskyt:20180801111330j:image

こちらは、ウォンカーウァイ監督作品の中で1番好きな映画『花様年華』です。男女の不倫をテーマに描いた作品で、これぞまさに"大人の恋愛映画"といった感じです。

f:id:kandinskyt:20180801032034j:image

こちらは、映画の中で使用されていたファイヤーキングのコーヒーカップ&ソーサーです。

この映画を観て欲しくなり買いました。あとはSIEMENSのアンティーク時計なんかも印象的でしたね。

とにかく小物類から衣装、家具まで細部へのこだわりがスゴイです。

マギー・チャンのチャイナドレス姿も見所ですよ。この姿に惹きつけられた方多いんじゃないですかね。

トニー・レオンもカッコイイですし。

音楽、ストーリー、映像、どれをとっても文句なしの逸品です。

何度観ても良い映画です。

見終わった後の、この"もどかしさ"は、、。

欲望の翼

f:id:kandinskyt:20180801115620j:image

こちらは、男女の青春を描いた作品『欲望の翼』です。

香港の"オールスター"が集結した作品ですね。

今は亡きレスリー・チャンも出ています。

レスリーのセリフ、仕草がキザだけど様になっていてカッコいい。

映画自体は切なくもロマンチック。

音楽も最高、特にXavier CugatのPerfidiaはむちゃくちゃイイ。

よく車中で聴いてましたね。

ウォンカーウァイ監督の初期の秀逸作品です。

ブエノスアイレス

f:id:kandinskyt:20180801134402j:image

こちらは、同性愛をテーマにした作品『ブエノスアイレス』です。

タイトル通り、舞台はアルゼンチンの首都ブエノスアイレス

これもやはり、映像と音楽にやられましたね^^

同性愛がテーマの作品ですが、その枠を超えた純粋なラブストーリーです。

不安、孤独、絶望、様々な要素が詰まった映画です。

それにしてもレスリー・チャントニー・レオン良い俳優ですね。

キネ旬ムック ウォンカーウァイ

f:id:kandinskyt:20180801031259j:image

次いでに、こんな本も購入しました。

f:id:kandinskyt:20180801031613j:image

映画の裏話なども書いてあるんで、読み応えのある一冊です。

 

ウォンカーウァイ監督の作品は、観る人によって好き嫌いがはっきり分かれると思いますが、好きになった人はとことんハマると思います。繰り返し何度も観てしまう不思議な映画です。ぜひオススメします。